はあと温熱ハウス
【 完全予約制 】
〒502-0850岐阜県岐阜市鷺山東1-4-6
TEL 058-294-1818 お問い合わせ

はあと温熱ハウスの酵素風呂は…自然発酵の米ヌカ100%のヌカ風呂です。

主な効能

酵素浴をすると体温が39~40℃に上がります。体温が1℃上がると、免疫力が5~6倍も高くなるため高い効果が得られます。逆に体温は1℃下がると、免疫力は30%も低くなります。

酵素風呂の\もっと/なぜ? なぜ?

不思議なパワー!酵素の力の“米ヌカ”乾式温浴法
体温を高める温熱療法、とくに温泉療法は、昔から“湯治”という日本古来の民間療法の治療法の一つとして親しまれ、整形外科的にも確立された重要な治療法の一つでした。その効果は、日本温泉気候物理医学会が認定している「温泉療法医」の存在にも顕著です。
この米ヌカ酵素風呂は、一般的な温泉の湯に代わりに、特殊な酵素で発酵した米ヌカの中にからだを埋める、いわば湿式の温泉に対して、乾式の温浴法です。日本人が元来主食としてきた高い栄養価を持つ米。その発酵した高温の米ヌカの成分は、全身から体温を上げ、自己の免疫力を高め、思いもよらぬ効果を発揮します。
自然発酵熱がもたらす抜群の効果
相撲の土俵のように盛られた米ヌカにからだを埋めて入る酵素風呂。その米ヌカが発酵し出す熱は50~60℃にもなりますが、やけどをすることはありません。これは熱源が自然発酵の熱のみで、ヒーターなどによる人工の熱源は一切使われてないからです。
米ヌカの酵素風呂は、桧などを使った木くずの酵素風呂と違い、からだにあたる感触もよく、入浴後は肌がすべすべになります。
入浴する(からだを埋める)と5~10分でジワジワと全身から汗が吹き出します。大量の汗が出ますが、主に老廃物を多く含む発汗のため、喉があまり渇かないのが特徴です。この酵素浴では通常発汗の約7倍の老廃物が排出されます。体重や体脂肪の減にもつながり、からだが軽くなったと感じられます。
“からだを温める”がキーワード! 人気の温熱療法
「体温を上げると免疫力もアップする」、「からだの代謝が活発になるとより健康になる」などという話は、一般的に認知されるようになりました。体温が1℃下がると、免疫力は30%も低くなり、1℃上げると免疫力は5~6倍も向上します。とにかくからだは冷まさずに温めることが大切で、低体温は万病のもとなのです。健康や美容には、薬に頼らない健康なからだ作りが欠かせません。健康の秘訣!“体温を上げること”、そのお手伝いができるのが酵素風呂なのです。
体質改善がはかられ、次の症状に効果があったという声が出ています。
  • ・喘息
  • ・アトビー
  • ・花粉症
  • ・肌荒れ
  • ・便秘
  • ・肥満
  • ・糖尿病
  • ・胃潰瘍
  • ・骨粗しょう症
  • ・がん
  • ・メニエール病
  • ・パーキンソン病
  • ・認知症
  • など
〈ガンと体温の関係〉
ガン細胞は体温が35℃台の時に活発に増殖しますが、熱に弱く39.3℃になると死滅すると言われています。酵素風呂に入ると気持ちよく体温が39℃~40℃くらいに上がります。
*入浴中に口内で体温を計ることができます(体温計はご持参ください)。